トップページ >講習会のご案内の一覧 >【労務管理講習17】36協定集中講座

労務管理講習 申込受付中
36協定集中講座

残業時間の上限規制は、1947年制定の労働基準法において初めての大改革です。時間外労働の上限は、月45時間、かつ、年360時間が原則になります。特例による場合であっても、できる限りこの水準に近づける努力が求められております。このため、新たに労働時間の延長や休日労働を適正なものとするための指針が定められ、厚生労働大臣が必要な助言・指導を行うこととされています。働き方改革関連法の最重要事項である残業時間の上限規制に伴い36協定の見直しが必要となっていますので、締結前のこの時期に是非ご参加いただきたくご案内いたします。

日時
2019年1月24日(木)13:00~16:00  開場・受付開始 12:30

場所
渋谷区立商工会館2階大研修室(裏面地図参照)

講師
小磯優子氏(OURS小磯社会保険労務士法人代表・特定社会保険労務士)

内容
■■主な解説予定テーマ■■
◆改正される時間外労働上限規制の内容は?
◆新たな指針についてのポイントは?
◆時間外労働上限規制の実務対応上の留意点は?
◆ガイドラインに基づく労働時間の適正な把握とは?
◆手持ち時間は労働時間になるか?
◆法定休日は特定しておくべきか?
◆36協定の効果は?
◆新様式の36協定届の作り方のポイントとは?
◆健康確保措置はどれを選ぶ?
◆新たな特別条項の留意点とは?
◆過半数代表者の選任方法は?
◆働き方改革についての企業の取組について

受講料
資料代・消費税込み
会員 4,000円  会員以外 6,000円 
下記口座に1月17日(木)までに銀行振込にてお願いいたします。
振込用紙に講習会名を必ずご記入下さい
・金融名 ゆうちょ銀行 ・口座番号 00120-5-456953
・口座名称 一般社団法人大田労働基準協会
※ネットバンキング等からの振込は下記をご指定ください
・金融名 ゆうちょ銀行 ・店名 0一九(ゼロイチキュウ) ・貯金種目 当座
・口座番号 0456953 ・ 口座名称 一般社団法人大田労働基準協会

定員
100名 

申込み方法等
裏面申込票にご記入のうえ、FAXでお申し込みください。お申込みFAXをいただきまし
たら、受講番号を付して、FAXにて返送いたします。 大田労働基準協会    FAX:03-3738-0128

その他
この講習は渋谷、三田、大田、品川、新宿、池袋、向島労働基準協会の共催により開催し、
幹事協会は渋谷労働基準協会です。上記4協会の会員は会員価格です。

 

ご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です (無償)。
申込書ダウンロード

技能講習

特別教育

資格研修


■:申込受付中
■:定員に達しました
■:講習会終了
■:今後開催予定


→講習会のご案内の一覧へ